ヘルペスの原因について

ヘルペスの原因は色々とあります。それぞれヘルペスの種類によっても原因が違います。ヘルペスは出来る場所によって種類も違っていますので、ここでは具体的に口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹ヘルペスの原因を見ていきましょう。

口唇ヘルペスの原因について

口唇ヘルペスの原因菌は単純ヘルペスウイルス1型と言われているものです。150nm程度のサイズでタンパク質、DNAといった核酸で作られているウイルスです。

ウイルスは自分では細胞を増やすことができませんから、人の体の細胞の中に入り込んで細胞の材料を使って、その後細胞をどんどん増やして行きます。この状態が感染と呼ばれるところで新しく生まれたウイルスは細胞から飛び出て別の細胞へとどんどん感染を広げていきます。一度感染したら神経細胞の中にいて、抵抗力や免疫力が落ちている時に発症すると言われています。

性器ヘルペスについて

性器ヘルペスの原因は単純ヘルペス2型と言われるヘルペスの種類です。最初に感染した場合は性行為でうつると言われているので飛沫感染することはありません。

性行為をする相手の性器に性器ヘルペスがあった場合には感染すると言われています。口唇ヘルペスを相手があって、それを知らずにオーラルセックスをした場合にはヘルペスウイルスの型が違うのですが、それが性器ヘルペスになることもあります。自分が口唇ヘルペスに感染していて、その唇を触った手で性器を触ることで感染することもあるので気をつけましょう。

ヘルペスの原因というのは、それぞれ決まった型のウイルスがあり、そのウイルスに感染することによって発症すると言われていますので、ウイルス感染しないように予防することが原因を断ち切ることになると言われています。