ヘルペスウイルスの帯状疱疹は?

帯状疱疹という病気を聞いたことがあるでしょうか。帯状疱疹もヘルペスの一つです。ここでは帯状疱疹の原因はなんなのか詳しく見ていきたいと思います。帯状疱疹になることで神経痛等の厄介な症状が現れることもあります。

帯状疱疹を引き起こすのは

帯状疱疹を引き起こすのは水痘帯状疱疹ウイルスと言われるウイルスです。水痘と聞いてピンと来た人もいるかも知れないのですが、子供の頃に感染しやすい水疱瘡と呼ばれるもの。このウイルスです。

このウイルスが細胞の中に潜んでいて、ウイルスが神経節にいたのですが、免疫力や体の抵抗力が低下することで悪さを働くのです。普段の生活の中で潜伏していたウイルスが悪さをするようになります。

 

抵抗力の低下

抵抗力が低下することによって悪さを働くようになります。加齢、ストレスや疲労等が原因でウイルスが悪さをし始めます。そして帯状疱疹が出ることもあるのです。仕事が忙しいとか、疲れがたまった頃に現れる人がいるのです。ストレス社会であることもあり、帯状疱疹にかかる人は増えています。

 

帯状疱疹の発症ピーク

帯状疱疹の発症ピーク、これは20代、そして50代と言われています。子供の頃に受けたワクチンであったり水疱瘡にかかった免疫が既に弱くなっていて、日頃のストレスや疲れが重なりこの時期に発症するとされています。また20代や50代は水疱瘡にかかっている子供が身近にいることも発症の原因と言われています。

皮膚の抵抗力低下

皮膚の抵抗力の低下やバリア機能が低下していると帯状疱疹にもなりやすいことがあります。例えばアトピーを持っている人もバリア機能が低下することで起きると言われています。

帯状疱疹はヘルペスの種類の中でも一番身近でよく掛かりやすいものでもあります。