帯状疱疹の治療と予防について

ヘルペスの中でも帯状疱疹はとても有名です。代表的なヘルペスウイルスの疾患と言われています。帯状疱疹もほかのヘルペスウイルスと一緒で早期治療と発見、予防が重要となります。ここでは治療や予防法についてみていきましょう。

帯状疱疹の治療について

帯状疱疹の治療については専門の治療薬がありますので、正しい治療を行わなければ治りません。

原因となっているヘルペスウイルスを抑えるためにはウイルスに効果がある薬を使う必要があります。抗ウイルス薬を使うのですが、細胞の中でウイルスが増えることを予防することができます。症状があらわれる期間の短縮にもつながります。できるだけ早く治療を開始すれば症状が悪化することも予防することができますし、神経、皮膚に対する負担も軽減することが可能となり痛みも弱まります。

痛みに対しては我慢できないほどの神経痛が現れることもありますので、その場合には消炎鎮痛薬を使うことが多いでしょう。もし痛みをそのまま我慢してしまうと痛みに敏感になりすぎ、それが原因で治療が進まないこともありますので、できれば我慢はせずに、痛みに合った薬の処方を受けましょう。

 

帯状疱疹の予防について

帯状疱疹は予防することができます。帯状疱疹の原因は水疱瘡の際のウイルスと一緒です。そのために水疱瘡に免疫がない人は水疱瘡ワクチンを打っていれば免疫があると言われていますが、それでも大人になってから免疫が付いていない場合には感染することがあります。またこれまでに成人以前で帯状疱疹になったことがある人は免疫があるのでワクチンは打たなくてもいいでしょう。

帯状疱疹があまりにもよくできるという人は、これからワクチンを打ってもいいのですがそれでは遅いので、またかかっていない人のためにワクチンはあるので予防として受けましょう。